日々「熱く・暑苦しく」奮闘しています。

PSCの毎日。

今日ほど・・・・職人さんの「心意気」を感じた事は、ここ最近(笑)無かったです。。

創業時からすでに7年お世話になってますけど、こちらの無理を聞いてくれる事には感謝しかありません。

ふと・・昭和の偉人のお一人の言葉を思い出しました。私の中で「永遠の偉人」のお一人。

世界のセールスマンと米国で最大限の賛辞を受けたSONY創業者の一人、盛田さん。

「社員が我社で働いた時間が人生の幸せだと思ってもらえる事が経営者の務めだ」

時代も良かったし昭和の経営者は「粋」な方々も多かった。

何よりも「人」を大切にして「人と人」という言葉も昭和で生まれたと思ってる。

今が悪いと言ってるわけではないです(笑)誤解無いように。。

盛田さんの話は雲の上の方でありスケールが異次元ですが。

各職人工房さんの方々や皮革問屋・金具問屋さんでPSCが成り立っているのは何度も書いてます。

2017年もあとわずか。

来年2018年はPSCにとって。

「本格的な異業種への参入元年」

美容もレザーアパレルも全力で行きます。

こう考えるといつも思うのが、全国のお客様は勿論ですが、やはりPSCの製品を構成してくれている方々の存在です。

「PSCと仕事して良かった」

「PSCの仕事してるんだ」

こんな風にパートナーの方々に思って頂けるように私は更に精進して頑張って行きたい。

今日までバックから支えてくれている多くの方々のためにも。

必ず来年から本格スタートの「二つの業界」に勝ちに行って来ます!!


いつもありがとうございます。

  1. 未分類
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

さっさと辞めてしまえばいいとおもう。

今日は本当に。

久々に。

「腹ただしい話」を聞いたからだ。

「業界が違うとここまで酷いのか・・」とブラックなその業界と会社に言葉を失った。

昔からよくしてくれる先輩が遊びがてら自宅に寄ってくれた。

お勤めの会社に「生え抜きで一生懸命貢献している」のは昔から知っているので見なくてもわかる。

中小零細個人企業の経営者は。。。

自分が一番可愛いのは誰でも当たり前(経営者に限らず)。

責任もあれば覚悟も必要で失敗すれば人生そのものを失う。

これも十二分すぎる程にわかるし経営者なら「当然」だ。

それだけのリスクを背負って社長業をやってるのも事実だし、その対価として「高給も経費落とし」も「当然の権利」と私も思う。現に自宅担保にして頑張っている社長も多いのは事実見ている。

逆に人によって・・ずるくてもいいし、自分と家族の生活が1番でいいと思う。公私混同だろうが「その人の考え方」でしかない。

ここまでわかっていても「理解できない人間性」を今日は聞いた笑。

どうやら「付ける薬」は無いようですね。。普通の薬なら今ではドラッグストアさんでも処方可能なのにね。

そんな反面教師な「経営者の先輩」がお客様、仕入先さん、先輩等。。周りにいなくて「本当に」よかったと感謝している。

「自分の事だけ」は最後は「自分だけの責任」になるのだから。。

全て失ってから気がつく(だけマシか。。)ような人間にはなりたく無いな。。




  1. 未分類
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

秋季展示会も終わり、メーカーやご来場のお客様との「濃密」な情報交換もバッチリだ。

これからPSCが向かう先、取り組むべきことを迷いなく進めていこう。

必然というか、結局のところはやってきたことが全てなのだから。

「バリバリ」の方たちとしっかりと打ち合わせが出来た。

考え方にご意見も頂きつつ、賛同も頂けた。

確実に「良い方向」に向かっている。

創業時と同じ事をやって同じような人間関係だけ…。

これでは成長も発展もない。

勿論、創業時からの恩人や仲間は変わらない。

だけど。

新たな挑戦を始める以上は「捨てる覚悟」が必要だ。

既存業界なら、気心知れたお客様、先輩、仲間が沢山いる。

居心地もいいし楽しい。初めてお会いする方でもこちらを知っている場合も多い。

これが「甘え」に確実に繋がる。

「誰一人わからない」場所に飛び込むのだから。

それは私自身が選んだ道であり「これから立つ場所」だ。

今年何度もここで同じ事を書いた。

今日までの我が業界での仕事に恥じぬよう。

これから立つ場所、進む場所に。

胸張って行こう。

昨日到着した理美容シザーケースの第一弾の二つのモデル。

「必ず勝てると確信」した。

  1. 未分類
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

昨年末に解散された国民的なアラフォーアイドルグループ。

今も動向が色々とネットで出てますね。真偽はともかくとして。

まぁ・・この一年、本当によく聞かれました。。

「あれどう思います???」

「そんな住む世界の違う方の事なんかわからん。」

とは・・いいませんが、これが本音ですよね笑。テレビの向こうですからね。

とはいえ。。酒席では一時期、どこでも論議になっていました隣の席のサラリーマンの方々も笑。

脱サラ独立組としては芸能界も一般社会も「レベルの違いあれど」共通点はありますよね。

個人的には「どちらも正解」

だけど心情的に「独立組」寄りという感じです。。

会社側には会社の言い分とエゴがある。

独立する側は独立する側の言い分とエゴ。

どちらも本人は「正論と正解」と思っている。

これを判断するのは周り。

これを応援するのも周り。

私なりの考えです。独りよがりは「独立」ではなく「独り」でしか無い。

「独立」は「独り立ち」なのだから。。「立っていけなければならない」のだから。

ここが見えない勘違いの独立は潰される。

…と言うより仕事も来ないから「勝手に潰れていく」。

別に独立とかでなくともこんな場面は社会人が働いてれば日々色々あると思う。

敵に邪魔されてもいいと思う。

無責任に勝手な事を言う奴もいるかもしれない。

乱暴な表現だけど。

自分が信念持って人生かけたら「怖いもんなんか」ある訳ない。

人生かけたら…「明日死ぬなら」後悔したくないですよね。

死ぬ気になれば「怖いモン」なんかない「なにそれ??来れば??」と様々な壁にもこう考える。

逃げるはずもない。

私の場合は前職の会社から円満退社し、そのあとに正々堂々と起業した。

その際に前職の社長も正面から向き合って下さった。

「これから自分でやっていきます」と名刺を直接お渡しした時も。

「お互いに恥ずかしくないよう頑張っていきましょう」と受け取って下さった。

その後一切の邪魔をされる事もなければ、各地展示会で会う元上司の方々も大変よくしてくださる。

こう考えると…色んな角度の正解があるんだと思う。

不景気だ?

関係ないと思う。

仕事は、死ぬ気でやってても笑…「死なない」のだから笑。

飛び込む事や踏み出す事。

勇気もいるし不安になるかもしれない。

だけど。

「やらなければ見えない景色はどんな仕事にもある」

「やったから見えた景色はやった人にしか見えない」

それなら。

「それ」を毎日見に行こうと思って仕事に向き合っている。

明日も一つ一つの仕事を丁寧に大事に取り組んでいこう。



  1. 未分類
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

よく言えば「くだけた」「ラフ」「気さく」。

悪く言えば・・な我が業界では、異業種・・・それも「堅い」業界から来た方は話し方、立ち振る舞いに「落ち着き」「丁寧」があるから信用されますよね。

セールスとしての実績と実力は見てないのでわかりませんが笑。

だけど私は、そんな方はとりあえず信頼できますし雰囲気も好きです。

「あれ??PSC・・それはイメージと違うだろ??」

「いや~PSCさんはそんな堅苦しいノリじゃないからいいんですよ」

わりとこんな感じで言われてしまいます・・。

まぁフォローあわせて皆さんこれも「セット」で仰って頂けます。

「自分で始めたからそれでOKでしょう??」

その理屈も・・笑。

「そのカラーがいいんですから笑。」

「自分のカラーでスタートしたんだからその勢いを大事に小さくまとまんなよ!」

先輩オーナーの方々やお客様からはこんなコメントばかり。

堅苦しかったり、いかにも「真面目」な雰囲気はどうやら違うみたいです私は。

まさに「無いモノねだり」です。

こんな事は置いといてですが、スタンスや取り組み方は、自分のスタイルを貫く事がやはりベストだと思う。

勿論常識あっての話であり、それが「間違ったポリシー」ならやめた方がいいけど。

会社で浮こうが、ゆるい業界では堅苦しい、扱いにくいと言われようが。

またその逆でも(ナァナァは論外ですが)。。

貫くから自身が輝く事も、評価される場面も必ずあると思う。

そんな方を自分の目で結構な数、様々な業界で見てきたからだ。

自分を信じると書いて「自信」。

20代の頃に仕事に前向きでバリバリなアパレル業の方から聞いた時は。

「何を当たり前のこと言ってんだ??」。こんな風に思ってましたが笑。

今になるとわかりますね。

「自身に自信をもって」お互いに貫いてまいりましょう。

まずはこれから先の5年に。その先の10年に。

常識と礼節を基本としながらも、まだまだ「ガンガン」行こう!!

お互い「勘違い」したら指摘しながら笑。。。
  1. 未分類
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

PSC-ty

Author:PSC-ty
皮革製品をメインに、オリジナルのプロフェッショナル・ツールを「日本の職人」の皆さんと二人三脚で企画販売をしてます。

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -