日々「熱く・暑苦しく」奮闘しています。

PSCの毎日。

お勤めの方々なら、特にセールスマンは同僚は「仲間」でもあり「ライバル」だと思います。

時に同じ方向を向き、時に悔しがり、時に・・不仲になり。。

ですが「これが普通」だと私は思います。

また、一番重要な事は、ひとつの組織において「タイプは違えど互い(会社)のゴールは同じ」という思想こそ最強ではないかとも感じます。

「俺はおれのやり方」

「私にはこのやり方がベストだからこれで攻めていく」

「アイツとは被りたくないから俺はこうする」

これらはどれも正解だと個人的には思います。

繰り返しになりますが「ゴールが一緒なら」絶対にこっちの方がいいと私は思います。

同じようなタイプが集まったりするとどうしても馴れ合いとなり、好景気や懐かしのバブルの頃はいいですが、厳しい景況の時に多角的なモノの見方がなかなか出来ません。

まして社内の「輪」を重んじるあまり(本音は別としたら尚更・・)、提案や改革も偏る危険性すらありますので・・。

「自社を業界№1にしたい」

「ライバル社には絶対に勝つ」

「この製品は絶対に売る」

着陸点を共有しつつも「やり方」と「思考」はバラエティに富んでいるほうが結果は良いかと思います。意見も沢山でますしね。

私の場合は・・常に「攻められる(笑)」状況下です。

「発する言葉」

「立ち振る舞い」

「表情」

ここを一歩でも間違うと(隙をみせると)攻められるパターンです。。普段は外で他者に言われる事は、あまりないのですが・・。

だからこそ「24時間」気を抜く事は一切出来ません。さすがに寝ている時だけは・・・大丈夫です(笑)。

「朝起きた瞬間」~「寝るその時まで」が毎日「真剣勝負」のような感じで過ごしてます。

まさに「道場」のようですね。

その「内側からの鍛錬(笑)」の賜物でしょうか・・・一歩外に出て、多少癖のあるような相手に立ちあっても「何とも感じない」ような図太さと冷静な判断が確実に若い時よりも出来始めてます。まだまだ未熟ですけどね。

まぁ・・こうやって人は強くなり成長するのだなと、最近は「非常に」感じます。。隙の無い立ち回りがビジネスマンには必要不可欠。

自己を強く・利口にしてくれる「環境・組織・相手・仲間・ライバル」。

最終的には・・・その全てに感謝しなければなりませんね。。

  1. 未分類
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

PSC-ty

Author:PSC-ty
皮革製品をメインに、オリジナルのプロフェッショナル・ツールを「日本の職人」の皆さんと二人三脚で企画販売をしてます。

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -