日々「熱く・暑苦しく」奮闘しています。

PSCの毎日。

「悪くはないよね」

日本語の良くもあり、悪くもありの表現ですね・・。白黒よりもグレーやネイビーは世渡りにもビジネスにも「非常に大切」な日本ですが、この言葉は「苦肉の策」のようなテイストだと私は感じます。

20代の頃と違い、かなり「丸く(体型含め・・)」なりましたので、最近はグレーやネイビーも重要と思ってますし、よく使います。

先日の都内出張で「とある店」を久々に視察に行きました。

担当者が変わって店の商品も形態も相当変わったとは聞いてましたが、正直のところ表題のとおりでした。

確かに綺麗に整理されて見やすく「悪くも無い」のは事実。

ですが「買いたいものも一切無い」店でした。それでは言われている通りに「売上も落ちる一方」は仕方ないコトです。。。

今秋の仕事場のリフォームに向けて(しっかりとした事務所を作ります)、現在インテリアや観葉植物にはかなり注目してますが、欲しいモノがない品ぞろえ。

値段云々では無く「他の店と何が違うのこれは??」という内容でした。

だからこそ「悪くはない」と思うんでしょうね「見慣れてるのだから」。

むしろ「超一等地」と「超一流の看板」が邪魔になってるのではないかと感じましたね。。お客様は皆無で・・・私一人だけ。

「魅力」を放つのは難しい。

誰でも出来る訳ではないのだから尚更の事。

看板が一流でも、入っているテナントが全て一流で「あるはずもない」。

だからこそ、看板云々よりも、オーナーが熱意やポリシーを持ってテイストに磨きをかけているお店に「魅力」を感じますね・・。

「どこでも買えるモノは所詮は価格が全て」価格コムやAmazonで検討してから最安値で買うのが当然だと思います。

わざわざ高い買い物する人は我々庶民にはいませんよね。。

「魅力」があれば若者でも年配の方でも、不況関係なく「お金は使う」事実。

「どうしても買いたい」をご提供出来れば、お買い上げいただいた方も必ずご満足いただき時に感動や幸福感まで到達できると確信している。

ここを今一度、根底から考えたモノづくり・店作りをしている方々とこれからも頑張って一緒に仕事をして行きたいと強く思う。

久々の記事で「生意気」な事を書いちゃいましたね・・・いつもの事ですが(笑)。。

  1. 未分類
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

PSC-ty

Author:PSC-ty
皮革製品をメインに、オリジナルのプロフェッショナル・ツールを「日本の職人」の皆さんと二人三脚で企画販売をしてます。

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30