日々「熱く・暑苦しく」奮闘しています。

PSCの毎日。

「やっていい事と悪い事の区別」

ここ最近、これがわからないような人がいますね。

買い物に行くと「それはないだろ」というような行為、行動をしている人をリアルでみれば、毎日のニュースでも「ありえない」連中が様々な事件を起こしている。。

不況が原因の「擦り切れた時代」なのかもしれませんが、こんな時代だからこそ「分別ある大人」として、公私ともに立ち振る舞いをしなくてはならないと痛感します。。

これが事業であれば、他人からバカにされるような事や、失笑される事は「普通は」やりません。

まして業界内で地位がある企業は、ここの部分を本当に注意して活動を行っている。自分たちがどのように見られているかを常に考えて行動している。細心の注意を従業員教育から徹底している。

そんな老舗企業や大手企業と日々仕事をさせていただく度に、この事を痛感させられる。

やっていい事をすれば「いい事」をしているのだから褒められたり、時には尊敬されたりもする。

やったら悪い事をすれば「悪い事」なのだから必ず跳ね返る、裁かれるし、痛い目にも。。

自分が人生かけてやっている事業をこの先に発展させて行こうと思えば、やはり「いい事」を重ねていくしかない。

そう考えて活動して行けば、付き合う相手も年々変わるし、関わる方々も優秀な方だという事を実感出来る。

優秀な方は必ずというか・・もれなく「様々な意味での力」を持っている。

イザと言う時に的確なアドバイスや様々な協力をしてくれる事を経験している。

そこに甘えるつもりは「絶対」に、ないけど「心して」受け止める。

そして自分に出来る事、身の丈で必ず「仕事で世話になったら、仕事でお返し」をする事を忘れてはならないと思ってる。

思った以上は「必ず実行」する。

この繰り返しを製品にもサービスにも真摯に行う事が大事だと思う。

「人」に対してなら尚更だ。

それがPSCを、この先の10年後も「バリバリ」と事業を続け「成長」することの出来る「基本」だと確信している。

古臭い考え方かもしれないけれど、今月は出張も多く、様々な事を経験しているので、こんな事を実感している。

成長が無いと「子供が大人になった」思考・言動・行動となり、知らぬは本人だけの「裸の王様」になっている経営者もたまにみる。

成長が無いと「過去にすがる」事と「現在の業界への不満だけ」となる危険もある。

20代や30代の「未来を見据えている」バリバリのビジネスパーソンが着いて行く訳ない。

悪い意味での「中高年クラブ」では10年後は絶対に無いと思う。そんな流れに乗るつもりはさらさらない。

「古き良き」には敬意を払いつつ、未来を見ている方々とともに明日からもさらに頑張ろうと強く思う。

たまに書くと、つい「熱い長文」になりますね。。
  1. 未分類
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

PSC-ty

Author:PSC-ty
皮革製品をメインに、オリジナルのプロフェッショナル・ツールを「日本の職人」の皆さんと二人三脚で企画販売をしてます。

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -