日々「熱く・暑苦しく」奮闘しています。

PSCの毎日。

5月に車を変えてからブラックのボディカラーと言う事もあり洗車を「本気」でするようになりました。

20代の頃は車が全ての時期もありましたので、それこそ洗車はライフワークくらいの勢いでしたね。。

この時期夕方でも暑いのでボディが冷めてから行きつけの洗車場で基本2時間かけて完了します。滝のような汗が出ますので、軽く車でも洗車して・・では無く「スポーツ」くらい本気でやります。

拭き取りも徹底して水滴の除去をして帰宅後に車庫で今度は内装とタイヤ・ホイールまで徹底的にやるのでトータルで3時間はかかります(笑)。

兄弟が洗車専門の業者(プロショップ)で使用しているスポンジや大判タオルを購入してきてくれたのでそれを使うのですが、その効力が量販店で販売されているクロスやセームとは「比較対象にならない」レベルの超吸水力。

スポンジもきめ細かくソフトな泡がしっかり出てボディにもソフトタッチで傷も皆無。

プロ仕様と謳うなら・・ですよね。

「いい革を使いました。」

「金具もしっかりしています。」

「デザインも凝りました。」

これで・・「中国製品や雑貨のシザーバッグとは異なりますよ~」。

これで終わってはイケナイという危機感は常に持っている。

製品づくりは「現状」を常に越えて行く「一歩先」を追求しなければならないという気持ちで取り組んでいる。

製品そのものの縫製・皮革・金具のクオリティの更なる追求は第一条件。ここを少しでも怠ることは問題外。

その先をどうするかを帰り道に熟考した。

やはり最近、目に見えて増えてきているカスタム・セミオーダーだと私は思う。

今夏は高額品が売れているので、確実にフローリストの意識も都市部を中心に上がっているのを肌で感じる。

そしてもう一つの傾向として自分だけの仕様を求める際にカラーでは無く「機能」を求める本格派の方々が確実に増えている。

これにしっかり対応出来る事がプロ仕様と言えるのだと思う。特に理美容師さんはこのあたりのこだわりと要求が鋭い。

カスタム等の発注方法にしても、もっと気軽に選択できるような仕組みを作れば更に受注は増えると思う。

そうなれば、より多くの本格派の方々にご満足をお届け出来るのだから。

ピーエスシーは量販店で気軽に「買えない」モノを売っている。

それをプロ意識をしっかり持った「本気で仕事をしている方々」に買って頂いている。

我々の「モノづくり」の意識も更に向上して行こうと洗車を通して学ばせていただきました。。

さぁ明日からの2連休に向け本日も終日頑張ってまいります!!

  1. 未分類
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

PSC-ty

Author:PSC-ty
皮革製品をメインに、オリジナルのプロフェッショナル・ツールを「日本の職人」の皆さんと二人三脚で企画販売をしてます。

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

« 2017 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30